クラニオセイクラルセラピーとは

日本語では「頭蓋仙骨療法」と呼ばれ、アメリカのオステオパシー医師でサザーランドが開発し、同じくアメリカのアプレジャーなどがその発展に寄与した手法です。

軽いタッチでからだに触れることで、身体の深い組織から筋膜レベルから緊張をほぐし脳脊髄液の流れを整え、触れられているあいだは寝ているとも起きているともつかない、大変心地よい状態になりとても深いリラックス効果を得られます。

⚠︎禁忌事項⚠︎

症状によっては施術をお断りする場合がありますのでご了承ください。

例として

・骨肉腫・骨折など器質的病変の進行した疾患
・インフルエンザ・ノロウイルスなどの感染症にかかってから1週間以内の方
・血圧異常
・出血しやすい病気、高熱性の病気
・血管障害に伴う疾患
・腫瘍性疾患
・急性炎症性疾患
・外傷直後
・重症化した内臓疾患
・飲酒されている方
・整形手術、豊胸手術、小顔矯正等でトラブルが起きた方
・重度の鬱病
・中毒性

powered by crayon(クレヨン)